IPECの看護英語教育

IPECが推進する看護英語教育は、「日本の医療現場において、基本的な看護業務を英語で運用できる看護師を養成する」ことを目的としています。

IPECは、看護英語教育のあり方を有識者で構成されるIPEC看護英語ワーキング・グループ(座長:名古屋大学大学院 山内豊明教授)に検討していただいております。

この看護英語ワーキング・グループの監修を経て、看護英語モデルカリキュラム・教材・教育プログラム・英語運用力測定試験(TOPEC看護英語試験)の開発・運営に取り組んで参ります。

IPECは、大学・短期大学・専門学校の看護師を目指して勉学に励んでいる学生の方々や現役の看護師の方々の実践的な英語コミュニケーション力の向上に貢献できる教育事業を展開して参ります。