IPECの看護英語教育

IPECの看護英語教育について

IPECが推進する看護英語教育は、「日本の医療現場において、基本的な看護業務を英語で運用できる看護師を養成する」ことを目的としています。

IPECは、看護英語教育のあり方を有識者で構成されるIPEC看護英語ワーキング・グループ(座長:名古屋大学大学院 山内豊明教授)に検討していただいております。

この看護英語ワーキング・グループの監修を経て、看護英語モデルカリキュラム・教材・教育プログラム・英語運用力測定試験(TOPEC看護英語試験)の開発・運営に取り組んで参ります。

IPECは、大学・短期大学・専門学校の看護師を目指して勉学に励んでいる学生の方々や現役の看護師の方々の実践的な英語コミュニケーション力の向上に貢献できる教育事業を展開して参ります。

IPECの看護英語でスキルアップ

IPECでは看護師や医療従事者の方々のため、目標や目的、英語レベルに合わせてスキルアップをして頂けるよう「セミナー」、「通学コース」、「オンラインコース」、「看護英語試験」をご用意しております。ご自分のステップアップにお役立て下さい。

看護英語でスキルアップ

●セミナー

Step1

“看護英語の基礎固め”

ゼロからはじめる看護英語

  • 患者へ自己紹介ができる
  • 患者情報の聴取時に、数字やアルファベットを正確に聴いて書ける
  • 患者の氏名・生年月日を正しく聴き取ることができる
  • 病院案内の説明ができる  など

Step2

“看護トピックに応じた徹底練習”

看護英語ワークショップ
会話のパターンを覚えよう

  • 医学用語・看護用語を正しく理解し、使用することができる
  • 初診時・入院時の詳しい問診・情報聴取ができる
  • 服薬指導・検査の手順説明・患者教育ができる

    トピック例)
    • 腹痛を訴える外国人患者への対応
    • 熱中症の疑いがある外国人患者への対応
    • インフルエンザの疑いがある外国人患者への対応
    • 検査の手順  など
Step3

“患者役外国人教師と現場さながらのシミュレーション”

看護英語実践セミナー

  • Step1・Step2までの学習を基に、より実践的な看護英語の語彙・表現を習得することができる
  • 内科、皮膚科、整形外科など、多岐にわたる症例を体験することで、より専門的な看護英語の語彙・表現を習得できる
  • 外国人患者役教師との問診シュミレーションで、話者で異なる英語を実践的に体験することができる

●通学コース

Step1~3共通

“学習内容をカスタマイズして効果的に看護英語を学ぶ”

  • 担当教師は、看護師資格を有し、国際的な英語教師資格(TESOL)や海外で看護業務を経験する英語教師
  • 日々の看護業務で必要な語彙・表現をプライベートレッスンで学習
  • IPEC看護英語テキスト“Nursing English in Action”を使ったレッスンでは、看護英語を体系的に学ぶことが可能 →TOPEC看護英語試験対策に!
  • 海外看護留学、海外での入職前の準備にも最適

●オンラインコース

Step1~3共通

“忙しい看護師向け スキマ時間で看護英語にTry!”

  • 日本語で習得しているBasic Life Support(BLS)だからこそ、初めての看護英語でもスムーズに学習ができる
  • ミニテストや修了テストで習熟度を判定し、合格者には修了証を発行
  • PC・スマホ・タブレットで、いつでもどこでも学習可能

●看護英語試験

Step1~3共通

“日本の医療現場において基本的な看護英語の習熟度をチェック!”

TOPEC看護英語試験

  • 看護師・看護学生・その他医療従事者向け
  • IPEC看護英語テキスト“Nursing English in Action”を学習された方向け
  • 基本的な看護業務を英語で運用できる能力を測定
  • 年2回(春季・秋季)の開催