医療・教育機関の皆様へ

職員向けの英語研修については、お気軽にお問合せください。
当協会では、ご要望に応じて、看護師資格を有するIPEC専任の日本人・米国人の英語教師を派遣する英語研修や オンラインコースなど、最適な英語研修プログラムをご提案いたします。

セミナーイメージ


英語研修概要(例)


● 医療機関向け「看護師のための現場で役立つ看護英語コミュニケーション」研修(全3回)
研修スタイル:教師派遣英語研修
受講生:看護師
クラス:1クラス10名~20名
研修内容:第1回 初対面の対応(挨拶・自己紹介)、病院案内
     第2回 問診(患者の訴えや症状の聴取)
     第3回 バイタルサイン測定・院内オリエンテーション
担当教師:看護師資格を有するIPEC専任の日本人英語教師
研修場所:貴機関内会議室等


● 看護師向け「看護英語ワークショップ~腹痛を訴える外国人患者への対応~」(全1回)
研修スタイル:通学英語研修
受講生:看護師、看護学生、その他の医療従事者
クラス:1クラス10名~30名
研修内容:腹痛を訴える患者が来院し、医師の診療を待つ間に看護師が情報収集を行うための英会話の表現やフレーズを学ぶ。臓器・疾患の名称、痛みの種類・症状の起こり方の語彙や表現などロール・プレイを取り入れた会話練習を行う。
担当教師:看護師資格を有するIPEC専任の日本人・米国人英語教師
研修場所:IPEC教室等


● 看護師や看護学生・医療従事者のための「BLS英語コース」
研修スタイル:オンラインコース
対象者:BLS(心肺蘇生法を含む一次救命処置「Basic Life Support」)についての知識や手技を習得した看護師や看護学生・その他医療従事者
コース内容:詳細はこちら


● IPECの看護英語テキスト「Nursing English in Action」に基づいた英語研修も実施することができます。
英語研修の詳細はお気軽にお問合せください。