アーカイブ:第2回 ゼロからはじめる看護英語~病棟内オリエンテーションの表現~【2018.9.24 開催レポート】

9月24日(月・祝)に「第2回ゼロからはじめる看護英語~病棟内オリエンテーションの表現」が開催され、19名の方[看護師(外来勤務5名、病棟勤務9名、その他2名)、薬剤師1名、助産師1名、医療事務1名]に受講していただきました。受講動機として「外国人患者の増加」「オリンピック・パラリンピックに向けて」を挙げる方が多く、特に、今回はほとんどの方が外国人患者の応対をしたことがあり、やはり今、英語が話せる看護師が求められていると強く感じました。

看護英語のセミナー風景1

患者のプロフィール聴取に挑戦してみよう!

セミナー前半では、患者のプロフィール聴取に関連する語彙・表現を学びました。第1回で学習した自己紹介や生年月日の訊き方を復習しつつ、住所・電話番号・緊急連絡先の尋ね方を学習・練習しました。住所の数字の言い方・聴き取りは、普段あまり使うことが無いのでよい復習になったようです。
会話の中でのつなぎのことばも学習し、ロールプレイに挑戦です。看護師役・患者役を交替しながら患者プロフィールを完成させます。同じ質問を何回か繰り返す中で、受講生の皆さんの会話も少しずつスムースになっていきます。

看護英語のセミナー風景2

病棟内オリエンテーションに挑戦!

ブレイクをはさんで、後半は病棟内オリエンテーションに関する語彙・表現を学びます。最初にグループ対抗のゲームで病棟・病室内の物品・備品の名前を学習しました。 同じ意味の日本語と英語のカードをペアにしてできるだけ多く貼った方が勝ち!皆さん真剣です!ゲームの後、解答しながら語彙を確認します。日本語でカタカナ名前で使用しているものも、必ずしも英語ではないので、ほとんどの方がしっかりとメモを取っていらっしゃいました。

看護英語のセミナー風景3

その後、病室内の説明や、病棟ルールの説明の仕方を学習しました。 そして前半と同じように最後にロールプレイを行いました。普段日本語で何気なく説明している食事時間・消灯時間・面会時間なども、英語で説明するのはなかなかスラスラとはいきません。いくつかの病室内オリエンテーション&病棟ルール説明のパターンを用い、受講生同士で相手を替えながら看護師役として説明を行うことで、会話表現の定着をはかります。
和やか、かつ良い緊張感もある中、皆さん学んだ内容をしっかりと表現していらっしゃいました。

看護英語のセミナー風景3

セミナー後の茶話会では、それぞれの近況を報告し合うことができ、良い情報交換の場となりました。参加者の方からも「励みになりました!」とご感想をいただきました。

看護英語のセミナー風景4

IPECでは今後も看護師を始めとする医療者の方々に実践で使える英語を提供してまいります。

【 今後の予定 】

・2018年 10月21日 看護英語ワークショップ~上部消化管内視鏡検査編
・2018年 11月18日 看護英語ワークショップ~下部消化管内視鏡検査編

※両日一括申込みで割引あり。詳細はホームページをご覧ください。

皆様のご参加をお待ちしております!

受講生の感想

患者のプロフィール聴取をしてみよう!
わかりやすい表現だったが、実際口に出すのは難しいと思った。
fill in/outの違いがわかった。
今後に使える内容だった。
Speaking Lessonがとても実践的で楽しくできました。
病棟勤務のためあまり聴取する機会が無いが、参考になって良かった。
住所の書き方が確認できて良かった。
日本と海外の細かな違いが分かって勉強になった。
現場で使える。
どのような表現をしたら良いかを確認できて良かった。数字の記載がとても勉強になりました。
何を訊けばいいかがわかった。
直ぐに使える表現で、役に立つことがたくさんあった。
旅行で日本に来た外国人の方に向けて使える内容も入っていたので実践的で良かった。
病棟内オリエンテーションに挑戦!
グループ分けしてゲームをやったのは楽しかった。
数字・時間の聴き取りが難しかった。
(職場で)チャレンジしてみようと思いました。
いつも説明する内容を英語で教えていただいたので、すぐにでも使えるところが良かったです。
病院内備品で知らない単語がありい、勉強になった。時間表現を忘れかけていたので再確認できた。
単語の引き出しが増え、病棟ルール以外にも何かの説明に役立てそうな気がしました。
「あの時にこう言えばよかったのか。」と、学びになった。
病棟ルールの伝え方を学べて良かった。
今後につながると感じました。早速自分の病棟のルールで考えてみたいと思います。
どう伝えればいいか、患者が何を知りたいかが分かった。
病棟ではなくても使えるなあ、と思いました。
初めての挑戦だったのでついて行くのが少し大変でした。でも、知りたいことを教えていただけて良かったです。
細かい表現などに気づきました。良かったです。