What's New

大阪府看護協会「医療・看護場面で使う英会話~看護英語コミュニケーション研修~」

2019年8月1日、大阪府看護協会にて「医療・看護場面で使う英会話~看護英語コミュニケーション研修~」が行われました。2クラス(11:00~14:00、15:00~18:00)実施され、各回48名、50名と多くの方にご受講いただきました。受講生はほとんどが病院、診療所で働く看護師の方でしたが、助産師や保健師の方もいらっしゃいました。東京オリンピック・パラリンピック、大阪万博を控え、外国人患者の増加が見込まれる今、しっかり準備をしたいという皆さんの強い意欲が伝わってきました。

今回の受講生の60%以上を占めた40代の皆様は学生時代に「一般英語」を学んだ世代。

苦手意識があった英語も「看護」という自分の仕事に直結した分野で学べば内容もわかるし楽しい!と学習意欲がアップした方が多かったようです。

医療・看護場面で使う英会話

研修前半では、まず挨拶・自己紹介・患者の名前や生年月日の聞き取りの表現を学習し、その後お互いにロールプレイを行いました。名前をアルファベットで綴る際に相手にしっかりと伝える言い方を学び、また、月日や年の言い方を実際に書くことで「言えても書けない」単語や、綴りを忘れてしまっている単語を確認します。ロールプレイでは、それぞれが看護師役・患者役を交替に行いながら、しっかりと相手の名前と生年月日を聞き取る練習をします。何回も繰り返すことにより、英語の表現がだんだんとスムースに出るようになっていきます。はじめは静かだった研修室内も、次第に皆さんの声が大きくなり、積極的に次々と相手を替えてロールプレイを楽しそうに行い、どんどんにぎやかになっていきました。

医療・看護場面で使う英会話

研修後半は、最初に臓器名・疾患名のゲームを行いました。グループに分かれて行い、和気藹々とした中にも「こうじゃない?」と真剣に話し合う様子が見られました。ゲーム後、使われていた臓器名・疾患名の発音を学びました。

医療・看護場面で使う英会話

次に問診の表現を学習しました。主訴・家族歴・アレルギーに関わるやり取りや、症状の言い方を学習します。その後、学んだ質問を使って患者役の教師から情報を聴き取り、そのやり取りを何回も話す練習を行いました。

医療・看護場面で使う英会話

皆様、とても真剣に取り組まれ「3時間では足りない!」というご意見も頂戴したくらい、あっという間の3時間でした。

今回の研修後のアンケートに、多くの方々が「今後も英語学習を続けたい」、「外国人患者に関わってみたい」、「意欲の向上につながった」、と回答しておられました。また、明日からでもすぐに使える内容であったことから、「実践へ応用できる」と回答された方が全体の85%に上りました。

今後も皆様が看護英語の学習を続けられ、益々ご活躍されますことをお祈りしております。

大阪の皆様、どうもありがとうございました。またお会いできる日を楽しみにしております!

受講生の感想

医療・看護場面で使う英会話①

  • 正しい発音が理解できて良かったです。
  • 継続して勉強を続けて外国の患者さんが来ても恐れずに対応できるようになりたいと思いました。
  • 日本人講師の発音が上手で、聞きここちが良かったです。Jamie先生はもちろんです。私は発音が苦手で、真似をしても上手くできません。上手く発音できるコツを教えて欲しいと思います。とにかく今日のこの文章を覚えてしまおうと思います。
  • 保健師業務の場面もコースに入ってきたらいいな、と思います。
  • 英語をこれからも学びたいと思った。話せるようになるまで学び続けようと思います。
  • 聞き取ることも難しいと思った。
  • 短くて…。単語力から乏しいので追いかけるので精一杯でした。楽しかったので、少しずつやっていきたいと思います。
  • 小児科・産科をやって欲しい。
  • いろいろな言い方ができるので丁寧語を学んでいこうと思いました。
  • 話すこと、声に出すことの大切さを学びました。
  • 今後実践に使えます。
  • 1人ではどう勉強してよいか悩んでいたので、資料もわかりやすかった。苦手と思っていたけど、少し話せるような勇気が出ました。
  • 私は6-7年前にワーキングホリデーで外国経験があるが、他のみんなの勉強意欲が高いことにすごいと思った。
  • 尻込みせず頑張っていこうと思います。
  • 英語の基礎を知ろうと思った。
  • 3時間では足りません。(笑)もっと多くの時間が欲しいです!
  • レベル別でもう少しコースがあれば、と思います。

医療・看護場面で使う英会話②

  • とても面白かったです。どんどん使っていきたいです。
  • 仕事でカルテを見ていると自然に覚えている英単語があることに気づきました。CDで復習していきます。
  • テキストを見たところ、OP室での講習は無いようです。OP室では患者1人になって通訳さんが来られないので、ぜひ作ってください。
  • 声に出して話すことがとても大切だと感じました。
  • 講師の方もネイティヴの方も発音の仕方がわかりやすく勉強になった。
  • 英語というだけで恥ずかしくなってしまいます。たくさんの人とコミュニケーション取れるように頑張ろうと思いました。
  • 医療英語に特化したスクールや教材はとても少ないので、良い学習機会となりました。
  • 聴き取りが難しく、誤解を招かないように気をつけたい。
  • 最初は緊張しましたが、楽しかったです。
  • 今後大阪万博等もあり、英語を使う機会も増えることと思います。もっと学んでいきたいと思います。
  • 同じ内容でもいいので、もう一度受けたいと思いました。自分もいっぱい喋れてよかった。
  • 英語が好きなのでとても楽しかったです。試験も受けてみようと思います。
  • 英語が苦手でしたが頑張りたいと思いました。
  • 楽しく学ぶことができました。