IPECの看護英語教育

IPECの看護英語教育について

IPECが推進する看護英語教育は、「日本の医療現場において、基本的な看護業務を英語で運用できる看護師を養成する」ことを目的としています。

IPECは、看護英語教育のあり方を有識者で構成されるIPEC看護英語ワーキング・グループ(座長:名古屋大学大学院 山内豊明 名誉教授)に検討していただいております。

この看護英語ワーキング・グループの監修を経て、看護英語モデルカリキュラム・教材・教育プログラム・英語運用力測定試験(TOPEC看護英語試験)の開発・運営に取り組んで参ります。

IPECは、大学・短期大学・専門学校の看護師を目指して勉学に励んでいる学生の方々や現役の看護師の方々の実践的な英語コミュニケーション力の向上に貢献できる教育事業を展開して参ります。

IPEC看護英語プログラム

看護英語教材「Nursing English in Action

看護系・医療系学校の学生・現役の看護師向けに基本的なコミュニケーション力の向上を目的とした構成

TOPEC看護英語試験

看護学生、看護師、その他医療従事者向けに開発された看護英語教材「Nursing English in Action」を学習された方々を対象とした、日本の医療現場において、基本的な看護業務を英語で運用できる能力を測定する英語試験

看護英語教師用ガイドブック

看護系・医療系学校の英語教師のために授業で役立つような、医療用語、医療・看護の専門用語の解説やロールプレイ用ワークシート・CDをご提供

看護英語オンラインコースの開発

看護英語テキスト『Nursing English in Action』のChapter1-3を収録したオンラインコンテンツをご提供

日本語で習得している一次救命処置をオンライン上で学べる「BLS英語コース」のコンテンツをご提供

看護師資格を有する英語教師が教授

海外で看護業務の経験、国際的な資格を持つ英語教師による看護英語セミナー、講師派遣研修をご提案