What's New

【新型コロナウイルスへの対応】 ニューヨークは今 ~医師や看護師の声から~

【海外の看護現場から】

今回は、新型コロナウイルス感染拡大が著しいアメリカ・NYC(New York City=ニューヨーク市)でCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)の対応にあたる医療現場のニュース記事をもとに、現場の状況等についてお伝えします。

2019年末に中国・武漢市で確認されたCOVID-19は瞬く間に世界中に拡がり、2020年3月11日にWHO(World Health Organization=世界保健機関)はpandemic(パンデミック、世界的大流行)を宣言しました。

アメリカでは3月中旬以降に感染者が急増し、特にNYCでは爆発的な感染拡大により医療態勢がひっ迫し、医療従事者、ベッド、物資の不足が顕著になっています。

2020年4月5日付けのThe Washington Post(ワシントン・ポスト、アメリカの大手新聞)に、NYCブルックリン地区のICU病棟の状況を伝える記事がありました。その中で、COVID-19患者の治療にあたる医師は次のように話しています。

“Our biggest issue is that the people we are caring for who are acutely and critically ill, it takes a very long time for them to show any signs of recovery, ・・・”*1

「最大の課題は、非常に重篤な患者が回復の兆候を示すまでに、とても時間がかかることです。」

“show signs of recovery”は、「回復の兆候を示す」という表現で、show signs of improvementという言い方もあります。病気などから「回復する・治る」は、recover from~やbe cured of~などと言うことができます。

さらにこの記事では、PPE(personal protective equipment=個人防護具)の使用や院内感染を抑えるための工夫についても書かれています。

“Monitors and IV poles have been moved into the hallway. This minimizes the number of times nurses must enter the rooms of infectious patients, limiting their exposure to the virus and preserving the precious masks and gowns.”1

「ベッドサイドモニターや点滴台は廊下に運び出しています。こうすることで、看護師が感染者の病室に入る回数を最小限にし、ウイルスへの暴露を抑え、貴重なマスクやガウンを節約できます。」

この文章の“limiting”の原型は、limit「制限する」という動詞で、limit daily sodium intake 「1日のナトリウム摂取量を制限する」のように使うことができます。“exposure to~”は「~への暴露」という意味で、exposure to radiationなら、「放射線への暴露」となります。

なかなか先行きが見通せない今回のpandemicですが、WHOなどの国際機関は、COVID-19を制圧するために、国を越えたsolidarity(連帯)を呼び掛けています。1つの国や地域で感染が収まっても、別の地域で感染拡大すれば、再び第2、第3の感染ピークが訪れるとの見方もあり、全世界、そして全人類が1つに連帯し、この脅威に立ち向かう必要があるでしょう。

*1:Lenny Bernstein and Jon Gerberg, A Brooklyn ICU amid a pandemic: patients alone, comforted by nurses and doctors, The Washington Post, 2020年4月5日(2020年4月5日アクセス)

ブログ執筆者

久々宇 悦子
(カナダ看護師、日本看護師・保健師)

日本で看護大学卒業後、国内で病棟勤務を経てカナダ渡航。独学でカナダ看護師試験(Canadian RN Exam)に合格、看護師免許取得。就労ビザ取得後、トロント市内の地域基幹病院に入職し、外傷・脳神経外科ICUにて看護師として2年間勤務。帰国後、 看護職能団体にて看護労働や学会事業等に従事。