What's New

現場では、ポケトーク等で問診はクリアできても、具体的な声掛け表現が学べてよかったです。

外国人患者への対応~消化管内視鏡検査~ 下部(大腸カメラ)編

受講セミナー(オンライン授業)

外国人患者への対応~消化管内視鏡検査~ 下部(大腸カメラ)編
(配信期間:2020年11月16日(月)13:00~11月29日(日)13:00)

1. 下部(大腸カメラ)編で特に役立った内容や興味のあった内容などを教えてください。

1. 現場では、ポケトーク等で問診はクリアできても、検査中は患者本人も辛かったり、介助ナースも検査介助で手が離せないため、「お腹を押す」等の具体的な声掛け表現が学べてよかったです。

2. 特に、ニフレックを実際に作る動画では、先生方のやりとりの中で出てくる、ちょっとした声かけなどがとても良かったです。(yes, Looks good. a little more~ など)あ~、これでいいんだ と、再確認し安心しました。会話の中で、こういった声かけがさらっと出てくると、イメージしやすくとても助かりました。

2. オンラインセミナーを受講されてみていかがでしたか?

1. これまでは、実際に患者さんを前にすると、緊張してしまうし、通じず、「??」というリアクションをされると、次の言葉が出て来ませんでした。通じる英語(言葉も発音)を勉強したいと思い参加しましたが、本当に良かったです。これからも練習して、少しでも積極的に話せるよう努力したいと思います。有難うございました。

2. 自分のペースで、時間のある時に何度も繰り返し練習できるオンラインセミナーは、とても利用しやすく、私には合っていて助かりました。

カテゴリ一覧
コラム
海外体験談
看護留学
セミナーレポート
コラム
コラム