What's New

『Nursing English in ActionオンラインコースVol.1』を開講

看護英語オンラインコースは、2017年より開講している『BLS英語コース』に続き、IPEC看護英語ワーキング・グループが監修した看護英語テキスト『Nursing English in Action』とオンラインで学習できるコースが、2019年12月3日より、教育提携をしているILC国際語学センターから新規開講いたしましたのでお知らせします。

看護英語テキスト『Nursing English in Action』について

本テキストは「日本の医療現場において、基本的な看護業務を英語で運用できる看護師を養成する」ことを目的に作成されました。

病棟のシチュエーションで、患者と初対面の挨拶から始まり、問診・症状の聴取、日常生活動作(ADL)介助、バイタルサイン測定、検査と処置の指示や説明、処方薬の管理、入院から退院までを全10チャプターで構成しています。臨床の場面における基本的な看護業務を説明するための基本的な英語表現、基礎的な医療専門用語が習得できます。

看護師・医療従事者・看護学生のための外国人患者との英語コミュニケーションに役立ち、モチベーションアップにもつながります。

コース開発の背景

IPEC看護英語では、本テキストを使いながら学べる看護英語ワークショップやセミナーを年間通して東京で開催してきました。関東圏外の多くの現役看護師・医療従事者、看護・医療系学校の皆様より、オンラインで学べるコースのご要望をいただいたことを受け、ILC国際語学センターと共同開発いたしました。本テキストのChapter 1 ~ 3までの基本的な看護業務の場面で実践的に使える内容で、オンラインコースVol. 1を開講いたしました。今後、Vol. 2, Vol. 3と順次、開講していく予定です。

『Nursing English in Action』オンラインコースの特徴

  1. テキスト + オンライン動画 で効果的に学習
    本コースは動画講義だけでなく、テキストも一緒に使用して学習を進めます。
    動画講義は教科書だけではカバーしきれない解説や英語表現を詳しく説明しています。 リーディング、ライティング、文法・語彙はテキストを使った学習、スピーキング、リスニング、テストはオンライン動画と、「聞く」、「読む」、「書く」、「話す」の4スキルを総合的に学習することができます。
  2. ミニテストや確認テストで学習理解度を確認
    各チャプターにはミニテストや確認テストを用意しているので、学習習熟度をご自身で確認することができます。テストは何回も受験することができるので、全問正解するまで何回も挑戦いただけます。
  3. 教師に個別に質問できる学習サポート
    期間中、テストやオンライン動画内の学習内容に関して、学習サイト内から教師へ個別に質問することができます。質問に回答するのは、看護師資格を有する日本人英語教師になります。看護の現場を知っている教師になるので、『看護師』の目線で皆様の疑問点にお答えします。看護英語テキストで予習・復習をしっかり行えることにより、テキスト学習の理解をより深めることができます。

コース概要

2019/12/3(火) 新規開講
『Nursing English in Action』オンラインコース Vol.1
受講料:16,500円(税込、Vol.1テキスト代(Chapter1-3)、テキスト郵送代含)
受講期間:60日間
詳細: https://www.ilc-japan.com/tokyo/online/nea

是非、本コースで看護英語の学習を始めてみませんか?
皆様のご受講をお待ちしております。