What's New

大阪府看護協会「医療・看護場面で使う英会話~看護英語コミュニケーション研修~」

2019年1月19日、大阪府看護協会にて「医療・看護場面で使う英会話~看護英語コミュニケーション研修~」が行われました。2クラス(11:00~14:00、15:00~18:00)実施され、各回46名、47名と多くの方にご受講いただきました。受講生は病院、診療所で働く看護師の方がほとんどでしたが、助産師の方や、訪問看護ステーション、介護保険施設に勤務されている方もいらっしゃり、皆さん意欲的に取り組んでおられました。

医療・看護場面で使う英会話~看護英語コミュニケーション研修~

研修前半では、まず挨拶・自己紹介・患者の名前や生年月日の聞き取りの表現を学習し、その後お互いにロールプレイを行いました。名前をアルファベットで綴る際に相手にしっかりと伝える言い方を学び、また、月日や年の言い方を実際に書くことで「言えても書けない」単語や、綴りを忘れてしまっている単語を確認します。ロールプレイでは、それぞれが看護師役・患者役を交替に行いながら、しっかりと相手の名前と生年月日を聞き取る練習をします。短い会話を何回か繰り返すことで、皆さんだんだんと会話がスムースになっていきます。

研修前半

研修後半は、最初に臓器名・疾患名のゲームで休憩後のウォーミングアップを行いました。グループに分かれて行い、和気藹々とした中にも「こうじゃない?」と真剣に話し合う様子が見られました。ゲーム後、使われていた臓器名・疾患名の発音を学び、次に問診の表現を学習しました。主訴・家族歴・アレルギーに関わるやり取りや、症状の言い方を学習します。その後、学んだ質問を使って患者役の教師から情報を聴き取り、そのやり取りを何回も話す練習を行いました。

研修後半

皆様とても真摯に取り組んでおられ、あっという間の3時間でした。

今回の研修後のアンケートに、多くの方々が「今後も英語学習を続けたい」「外国人患者に関わってみたい」「意欲の向上につながった」、と回答しておられました。また、明日からでもすぐに使える内容であったことから、「実践へ応用できる」と回答された方が全体の70%以上に上りました。

今後も皆様が看護英語の学習を続けられ、益々ご活躍されますことをお祈りしております。

大阪の皆様、どうもありがとうございました。またお会いできる日を楽しみにしております!

受講生の感想・意見

医療・看護場面で使う英会話①

  • 旅行中に透析をする海外からの患者さんがたくさん来られるので、透析に関する英語講座があれば良いなと思いました。
  • 日常会話とは異なる医療英語を学ぶことができ、良かったと思う。
  • 英語に慣れていないので、リスニングだけでは日本語変換が難しい。もっと練習が必要だと思いました。
  • 具体的な表現やワンポイントを教えてくださり、実践に繋げられる内容でした。本当に英語が苦手で、参加するまでは研修参加に消極的でしたが、英語を勉強するきっかけとなりそうです。少し外国の患者さんと関わる時に積極的になれそうです。
  • 自分の英語力のなさをすごく感じた。
  • 楽しく学べました。
  • 最初は恥ずかしかったですが、声を出して発音したり、ロールプレイングすることで、もっと英語を話したい、話せるようになりたい、と思いました。
  • 精神科に特化した英語を学びたい。
  • 英語コミュニケーション、色々なレベル、タイプのものをやって欲しい。
  • リスニングが難しかったですが楽しかったです。
  • あまりにも自分の知識がなさ過ぎたので、今日の内容についていくのも大変だった。これからやるべき内容を見つけられた。
  • 英語って難しいと思いました。
  • 丁寧に教えていただきありがとうございました。今日を機会として今後も英語に触れていくようにしようと思います。
  • 内容がわかり易く、ロールプレイも有り理解しやすかったです。
  • さっそく使ってみたいと思います。
  • 始め緊張しましたが、わかりやすかったので、できました。
  • もっと初級用があっても良いと思います。ゆっくりと時間をかけてもいいと思います。
  • 3時間は短かった。1日でやって欲しい。
  • 短かったけど、短期集中で楽しかったです。
  • 難しい単語は発音記号も欲しいと思いました。

医療・看護場面で使う英会話②

  • 英語を筆記することがほとんどないので、そこから久しぶりに始めた感じでした。話すのも全然でしたが、少しずつ英語を話せたら、と思います。
  • 外国籍の患者さんに多く接する機会があれば、積極的に話してみたいと思います。
  • 研修企画も、時間を忘れるくらい集中できてすごいと思った。グループワークの方法も勉強になった。
  • 少しの勇気と積極性が必要だと感じました。
  • 今後も引き続き勉強していきたいと思います。
  • これから英語が話せるようになりたいと思います!
  • 簡単な単語も、コミュニケーションの中で聞くと誤って解釈していることがある。
  • 単語だけでも覚えておきます。(臓器など)
  • 実際の看護英語を使う場面が想像できた。これを機に勉強したい。病棟でも伝えていきたい。
  • 使う機会がまだ無く…使いたいのですが、難しいです。病院でもやって欲しいです。
  • 難しかったけど楽しかったです。積極的に英語を使おうと思いました。
  • もっと現場で使えるようにしたいです。