What's New

看護英語ワークショップ~第9回インフルエンザ~ 【2019・12・8開催レポート】

12月8日に「看護英語ワークショップ第9回インフルエンザ」が開催され、19名の方(看護師16名、助産師2名、

スペイン語医療通訳学習者1名)に受講していただきました。今回は、「外国人患者の増加」を受講理由に上げる方が多く、また自己啓発や、オリンピック・パラリンピックのボランティアをする予定の方もいらっしゃり、皆さん意欲的に取り組んでおられました。

ワークショップの前にまず、カナダと日本の看護師資格を持つ久々宇悦子さんによる、世界で広がる麻疹(はしか)の流行やワクチン反対の動きについての講演がありました。

久々宇さんは、日本で看護大学卒業後、国内で病棟勤務を経てカナダへ渡航され、独学でカナダ看護師試験(Canadian RN Exam)に合格、看護師免許を取得されました。就労ビザ取得後、トロント市内の地域基幹病院に入職し、外傷・脳神経外科ICUにて看護師として2年間勤 務後、帰国されて看護職能団体にて看護労働や学会事業等に従事されています。

講演内容は、世界的な麻疹の拡大、アメリカでの非常事態宣言、ワクチン接種を迷ったり反対する人の増加とその理由、各国の対応策、来年のオリンピック・パラリンピックに向けての準備など、大変興味深く、驚いたりうなずいたりしながら聞いている方もいらっしゃいました。

感染症に関する英語表現の解説もあり、受講生の皆さんにとっては、感染症にかかった患者さんと接する際や、海外のニュース記事などを読み解く際の良い参考になったのではないかと思います。

看護英語ワークショップ第9回インフルエンザ

ワークショップでは、前半は、インフルエンザの症状や問診に関する語彙・表現を学び、グループに分かれて発音練習を繰り返し行いました。

看護英語ワークショップ第9回インフルエンザ

その後、迅速診断法を行う際の表現についてグループ対抗でゲームを行い、皆さん素晴らしいチームワークで正しい答えを導き出していました。その後の解答で、検査説明の英語表現の流れと発音を確認しました。

看護英語ワークショップ第9回インフルエンザ

後半は、インフルエンザの処方薬や、服薬指導に関する語彙・表現を学習します。

薬に関する語彙・表現を学んだ後、実際の服薬指導のリスニングを行い、文章内の空欄になっている単語を聴き取って書き入れます。聴き取りづらいと思われる単語もしっかり記入されている方もいました。

発音練習の後、再度グループにわかれて、服薬指導の説明手順を完成させるゲームを行いました。

看護英語ワークショップ第9回インフルエンザ

最後に、実際の薬の情報を使って、ロールプレイで患者役に看護師として指導を行いました。用量・用法・注意点などを間違えずに伝えるよう注意しながら、繰り返し練習しました。

看護英語ワークショップ第9回インフルエンザ

ワークショップ後の恒例の茶話会には多くの方が参加されました。職場での外国人患者さんやご家族への対応、日頃の英語学習などについて情報交換ができ、自身の「看護英語力を向上させる」という共通の目標を持つ方達同士、良い交流の機会になったのではないかと思います。

看護英語ワークショップ第9回インフルエンザ

IPECでは今後も看護師を始めとする医療者の方々に実践で使える英語を提供してまいります。

~今後の予定~

  • 2020年01月19日/26日/02月02日 ゼロからはじめる看護英語集中コース
  • 2020年02月09日 第5回TOPEC看護英語試験対策講座
  • 2020年02月16日 看護英語ワークショップ第10回消化管内視鏡検査上部編
  • 2020年02月23日 第5回TOPEC看護英語試験
  • 2020年03月22日 看護英語ワークショップ第11回消化管内視鏡検査下部編

※詳細はホームページをご覧ください。

皆様のご参加をお待ちしております!

受講生の感想

<講演「あなたはワクチン賛成?反対?~世界で広がるワクチン論議」>

  • 1つの情報だけで固定観念を持つのは良くないと思いました。
  • 英語とインフル、ワクチンの知識が両方学べた。
  • ワクチンの件について大変興味深く聞かせていただきました。医療者として正しい情報を伝えていきたいと思います。
  • 違った視点で見られたので、ジャパンタイムスを見てみようと思いました。
  • 看護業務に関わる英語表現だけではなく、世界で話題・ニュースになっているトピックを盛り込んでいただき、幅広い学習になりました。

<ワークショップ前半(問診と迅速検査)>

  • スペイン語の健診通訳にも役立てたいと思います。
  • 1つの表現だけでなくこういう言い方もOK、というのが活用しやすいと思った。
  • 説明が丁寧だった。
  • 私達がわかりにくいところのポイントを先生が説明してくれた。
  • 小児科でアルバイトをしているため、早速役に立つ内容でした。
  • 問診の時に必須のフレーズが学べて良かったです。
  • 英語の口(くち)になる練習をしようと思いました。

<ワークショップ後半(処方薬と服薬指導)>

  • いつも患者への説明は薬局まかせだったので、活用したいと思う。形さえ覚えればいろんな薬に使えると思った。
  • 説明が丁寧だった。
  • 私達がわかりにくいところのポイントを先生が説明してくれた。
  • まだまだ自分の力では使いこなせないため、トレーニングしていきたいです。
  • いつも出てきそうで、いざ患者の前だと言えないフレーズを練習できてとても良かったです。
  • 英語で薬の説明ができるように頑張って勉強しようと思いました。
カテゴリ一覧
コラム
海外体験談
看護留学
セミナーレポート
コラム
コラム