What's New

第4回看護英語実践セミナー~外国人患者へ「英語で問診」を体験~【2019・10・20開催レポート】

10月20日に「第4回看護英語実践セミナー~外国人患者へ「英語で問診」を体験~」が開催され、18名の方(看護師13名、うち1名保健師資格もあり、助産師3名、外来クラーク1名、通訳者1名)に受講していただきました。

アンケートの受講動機には、「自己啓発のため」と回答された方が多く、これから増えるであろう外国人患者への対応に備えている方や、病院機能評価により病院内の案内が英文化されることへの対策として、と回答されている方もいました。

実際に既に多くの外国人患者と対応している方や、オリンピックボランティアとして働くことを見据えて受講されている方もいらっしゃいました。

このセミナーでは様々な症例のシナリオが用意され、患者役の外国人教師を相手に何回も問診を実践することにより、使われる表現を自分のものにすることができます。皆さん、緊張されつつも、楽しく参加されていました。

ウォーミングアップレッスン

まず、すべてのシナリオで使う共通の表現を学びます。ここで、しっかり発音練習を行い、質問の言い方に慣れてから実際の問診にチャレンジします。各シナリオ毎の、共通質問以外の表現も事前に学習します。

また、問診ブース以外の「服薬指導」「バイタルサインチェック時の説明」で使う表現も発音練習を行い、さあ、スタートです!

模擬体験

「問診ブース」では、皆さん少し緊張しながらも、事前に学習した質問をし、患者情報を聴取していました。

患者役の英語教師は、受講生の質問に対し演技力たっぷりに回答し、看護師として心配顔で真剣に一所懸命問診をしている皆さんの姿が印象的でした。今回は小児の問診もあり、母親を介して患児の症状を訊くという場面は良い練習になった、という感想がありました。

「服薬指導ブース」では、いつ、どの位の量を、どのくらいの期間内服するか、を患者役教師に説明しました。初めて触れる言い回しや単語もあり、なかなか難しかったようです。もう少しいろんな例で説明してみたかった、というご意見がありました。

「バイタルサインブース」では、実際にカフと体温計を使ってバイタルチェックの動きをしながら、患者へ説明していきます。

ミニレクチャー

問診を終え、実践セミナーでは恒例の「医学用語の基礎を学ぼう」というミニレクチャーを全員で受けました。

今回は数にまつわる接頭語を学びました。

教師からの総評

最後に、患者役教師から総評がありました。患者の言葉をきちんと聴き取っていないと、同じような回答を要求する質問をしてしまったり、逆に情報が全て取れなくなったりするので、自分が話すことだけではなく聴き取ることも重要、というお話をされました。皆さん、頷いて聞いていらっしゃいました。

セミナー後の茶話会には9名の方が参加され、実際に病院で外国人患者と接した時の経験を交換し合い、また、オリンピックのボランティアにに参加する方の話を伺うこともでき、今後の学習への意欲を皆さん高めていらっしゃいました。

IPECでは今後も看護師を始めとする医療者の方々に実践で使える英語を提供してまいります。

~今後の予定~

  • 2019年12月08日 看護英語ワークショップ第9回インフルエンザ
  • 2020年02月16日 看護英語ワークショップ第10回消化管内視鏡検査上部編
  • 2020年03月22日 看護英語ワークショップ第11回消化管内視鏡検査下部編

詳細はホームページをご覧ください。https://nurse.ipec.or.jp/workshop/#ws09

皆様のご参加をお待ちしております!

受講生の感想

ウォーミングアップレッスン

  • 発音も十分に学ぶことができたので(発音練習があったので)良かった。
  • 発音がわからない単語があったが、例文を初めに読んでくださり有り難かった。
  • とてもわかりやすかったです。
  • 自己学習をしたことがあり、復習できて良かった。
  • 馴染みのない内容でしたが深く理解できたと思います。
  • 必要な場面でどのように訊くのか、問診の方法がよくわかった。シナリオを見ずにできるようになりたいです。
  • よく使う看護フレーズを英語でナチュラルな言い方を学べて良かったです。
  • 短い時間の中でポイントを押さえて説明してくださったので良かったです。

問診・服薬説明・バイタルサイン

  • 何も見ないで基本的な質問ができればいいな、というのと、その場に合わせて対応できる英語力をつけたいと思いました。実際の業務の中では外国人の患者さんにはまだお会いしたことが無いのでとても緊張した。
  • 文章が長くなると難しくなるが、ストーリーをつかみやすい。
  • 先生が話す英語が聴き取りやすい。
  • 聞き慣れない単語があった。
  • 知識の欠如により、全て難しかった。
  • 英語で話しながらポイントを書き取ること、知らない単語が多過ぎて適切な問診のために語彙力を増やさないといけないと思った。実際に会話練習できたので良い機会でした。
  • 服薬指導の単語が初めてで難しかった。1日3回とか1回とか、例がもう少し欲しかったです。
  • どのシナリオでも何となく言っていることはわかるのだが、実際に的確な情報が取れているのか自信がなかった。How often, How longの質問をする前にWhenで答えが全て返ってきたつもりだった時に患者役の先生に指摘されて、答えを全て引き出せていないことがわかった。
  • 症状を聞きながら必要なメモを取ったりするのが大変だった。でも、ネイティヴの先生達との練習はとても良かった。

ミニレクチャー

  • とても勉強になりました。専門用語でなくて簡単な言葉で表すなど、もっと語彙数を増やしていきたいです。ありがとうございました。
  • ていねいに話していただき、わかりやすく、時々教えていただけたので助かりました。
  • 改めて勉強になりました。
  • 単語の学習もできて良かったです。
  • とてもおもしろかったです。医学用語は難しいので、簡単にわかりやすく伝えても良いと知れて安心しました。
  • 知っていたら何となく想像して理解していける医学用語の構造についてかじることができて、とても良かったです。
  • ラテンやギリシャの数字がわかると、色々な不明な単語のイメージがつくようになると思いました。