What's New

NZで看護師になるための情報 Part2
~これだけは知っておきたい看護留学の落とし穴~

ニュージーランドで看護師として働くには、どれぐらいの経験が必要?
日本で看護学校を卒業し、8年間病院で働いています。将来的にニュージーランドで看護師として働きたいと思っていますが、どれくらいの臨床経験が必要ですか?
ニュージーランドの病院で看護師として登録する場合、2年の臨床経験があれば大丈夫といわれていますが、登録申請時から過去5年以内に2年の臨床経験(少なくとも2500時間以上)が必要になるので注意してください。
看護専門学校卒業でも、ニュージーランドで看護師として登録できる?
日本の看護専門学校を卒業したのですが、ニュージーランドで看護師として働きたいと思っています。専門学校卒業でも大丈夫なのでしょうか?
日本の看護専門学校卒業でもニュージーランドで看護師として登録申請できます。 注意する事は、卒業した専門学校・短大・大学の担当の方に各履修科目を単位(Credits)と総時間数(the total hours)で記載してもらう事、また、看護理論の単位数と時間数、看護実践の単位数と時間数も必ず記載してもらう必要があります。これらの記載がないと書類を受け付けてもらえません。
ニュージーランドの看護師登録に必要な書類は何?
日本で看護師として働いて10年になります。ニュージーランドで看護師として働きたいと思っているのですが、英語(IELTS)の結果の他に何が必要なのか、また、どんな流れで登録までに至るのか知りたい。
ニュージーランドの看護師登録のプロセスは、現在2つのステージに分かれています。ステージ1に必要な書類を提出し、書類のアセスメントの結果後、ステージ2に必要な書類が提出できる手順になっています。注意が必要なのは、Nursing Councilが書類を保管してくれる期間は12ヶ月となっているため、その期限が過ぎた場合再提出となります。また、Nursing Councilでの書類の紛失もまれにありますので、コピーできる書類はコピーしておき1部は手元に保管し、再提出の依頼があった際すぐに提出できるような準備をすることで、書類の期限切れによる再提出を防ぎます。必要な書類は、下の「ニュージーランドでの看護師登録の流れ」をご覧下さい。また、必要な書類の詳細はNursing Council of New Zealandのサイトにありますのでご確認下さい。

ニュージーランドでの看護師登録の流れ

ステージ1に必要な書類を準備

1.申請書
2.申請料金NZ$485
3.日本の看護師免許書
4.パスポート
5.IELTS(アカデミック7.0)またはOET(Bバンド)の英語検定試験結果
6.履歴書
7.職場からの推薦状2通
8.本人の事を2年以上知る人(家族以外)からの推薦状1通
9.各職場の在職証明書
10.名前変更の証明(結婚で苗字変更の人のみ)

ステージ1に必要な書類の提出

書類に不備がなければ「Personal reference number」が発行され、何かあればこの番号での問い合わせが可能。 *書類のアセスメントには30営業日を要する。

ステージ1の書類のアセスメント結果通知後、ステージ2に必要な書類を提出

1.日本の看護師免許証明書(厚生省に依頼)
2.看護大学・短大・専門学校の学業成績書
3.警察証明書(無犯罪証明書)

必要な人のみCAPを受講

CAP(Compence Assessment Programme)
看護師としての適正・能力をみるための研修。ニュージーランド看護専門学校など指定された教育機関で行われる6-8週の研修。

ニュージーランド看護師登録

> NZで看護師になるための情報 Part1Part2Part3Part4

ブログ執筆者

森本 博美さん
日本・ニュージーランド・カンボジア看護師
国内で看護師として病棟・外来の臨床経験を経て、保健師として保健所に勤務。その後、ニュージーランドへ渡りワーキングホリデーを体験後、看護師免許を取得。クライストチャーチのPublic Hospitalの整形外科病棟に6年、老人ホームに約2年勤務。2014年にカンボジアに渡り、現在日系クリニックで看護師として活躍中。

※ 本ブログは森本さんが留学された当時の情報です。現在とは異なる場合がございますので、必ず最新情報はご自身でお調べください。